>  >  > 16GB キット (4 x 4GB) For Fujitsu-Siemens Celsius Server Series M470 (ECC Registered). DIMM DDR3 ECC レジスター PC3-8500 1066MHz デュアル Rank RAM Memory. Genuine A-テク Brand. (海外取寄せ品) A305-S6898 [マグネットテープ/幅:18mm] (日本電気)

16GB キット (4 x 4GB) For Fujitsu-Siemens Celsius Server Series M470 (ECC Registered). DIMM DDR3 ECC レジスター PC3-8500 1066MHz デュアル Rank RAM Memory. Genuine A-テク Brand. (海外取寄せ品)

16GB キット (4 x 4GB) For Fujitsu-Siemens Celsius Server Series M470 (ECC Registered). DIMM DDR3 ECC レジスター PC3-8500 1066MHz デュアル Rank RAM Memory. Genuine A-テク Brand. (海外取寄せ品) A305-S6898 [マグネットテープ/幅:18mm] (日本電気)超格安価格でお届けます!

【ポイント10倍】サンコー ガスショック式スウィベルデュアルモニタ―ア―ム2 MARMGUS25,【送料無料】サンワサプライ タックフォーム(500シート入) TA-02-5,レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント 直送 サンワサプライ LCコネクタ(3mm用) HKB-LC3-16 AV・デジモノ パソコン・周辺機器 その他のパソコン・周辺機器,レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント 直送 オンキヨー(オーディオ機器) WAVIO パワードスピーカーシステム 15W+15W GX-100HD(B) AV・デジモノ パソコン・周辺機器 その他のパソコン・周辺機器,【160GB non-hot-plug Serial ATA】 b001u04hj4.ADDON - NETWORK UPGRADES 128MB TO 256MB UPG F/CISCO 2800 128MB CF CARD OEM AP (海外取寄せ品)

新作情報16GB キット (4 x 4GB) For Fujitsu-Siemens Celsius Server Series M470 (ECC Registered). DIMM DDR3 ECC レジスター PC3-8500 1066MHz デュアル Rank RAM Memory. Genuine A-テク Brand. (海外取寄せ品) A305-S6898 [マグネットテープ/幅:18mm] (日本電気)

16GB キット (4 x 4GB) For Fujitsu-Siemens Celsius Server Series M470 (ECC Registered). DIMM DDR3 ECC レジスター PC3-8500 1066MHz デュアル Rank RAM Memory. Genuine A-テク Brand. (海外取寄せ品) A305-S6898 [マグネットテープ/幅:18mm] (日本電気)超格安価格でお届けます!

新作情報16GB キット (4 x 4GB) For Fujitsu-Siemens Celsius Server Series M470 (ECC Registered). DIMM DDR3 ECC レジスター PC3-8500 1066MHz デュアル Rank RAM Memory. Genuine A-テク Brand. (海外取寄せ品) A305-S6898 [マグネットテープ/幅:18mm] (日本電気)

16GB キット (4 x 4GB) For Fujitsu-Siemens Celsius Server Series M470 (ECC Registered). DIMM DDR3 ECC レジスター PC3-8500 1066MHz デュアル Rank RAM Memory. Genuine A-テク Brand. (海外取寄せ品) A305-S6898 [マグネットテープ/幅:18mm] (日本電気)

2018-01-23

 




         あけがたにくる人よ  


              あけがたにくる人よ
              てってっぽっぽうの声がする方から
              私の所へしずかにしずかにくる人よ
              一生の山坂は蒼くたとえようもなくきびしく
              私はいま老いてしまって
              ほかの年よりと同じに
              若かった日のことを千万遍うている

              その時私は家出しようとして
              小さなバスケット一つをさげて
              足は宙にふるえていた
              どこへいくとも自分でわからず
              恋している自分の心だけがたよりで
              若さ、それは苦しさだった

              その時あなたが来てくれればよかったのに
              その時あなたは来てくれなかった
              どんなに待っているか
              道べりの柳の木に伝えがよかったのか
              吹く風の小さな渦に頼めばよかったのか

              あなたの耳はあまりに遠く
              茜色の向こうで汽車が汽笛をあげるように
              通り過ぎていってしまった

              もう過ぎてしまった
              いま来てもつぐなえぬ
              一生は過ぎてしまったのに
              あけがたに来る人よ
              てってぽっぽうの声のする方から
              私の方へしずかにしずかにくる人よ
              足音もなくて何しにくる人よ
              涙流させにだけくる人よ




                                永瀬清子 「あけがたにくるひとよ」 思潮社ライブラリー  より










雑木林の奥のほうから、郭公の鳴き声が響いてくる季節になると、私はいつもこの詩のことを思い出す。

永瀬清子の「あけがたにくるひとよ」は、詩人永瀬清子が81歳にして第12回地球賞を受賞した詩集の中に収められた同じタイトルの作品である。
”てってぽっぽう”という印象的な語感の呼び方は、山鳩の事であるらしい。
40歳を過ぎてからは、ほとんどを生まれ故郷の岡山で過ごした彼女にとって、山鳩というより岡山方言の「てってぽっぽう」という呼び方の方がしっくりきたであろうし、第一、そのなき声を、聞いたまま音に当てた、言うなればオノマトペそのものの「てってぽっぽう」という響きの方が、より詩的であるようにも思える。
てってぽっぽうの低くてどこかためらうような鳴き声が、朝まだきの遠くから、詩人を誘うように響いてくる朝。
それは現実の鳴き声なのか、はたまた幻なのか定かでないが、鳴き声に導かれるかのように、彼女は苦い涙と共に過ぎていった過去の”恋人”を回想するのだ。


この詩を、約束を守らなかった恋人への追想と、素直に読んでも、何の差し支えもなかろうが、(事実、私も最初はそう読んだ)、読み返すにつれて、いや、それだけではない、地下深い水脈が、人知れず静かに流れて行くように、心の奥深い場所で張り詰めていた想いを、潔い諦念とともに解き放とうとする意志が、この”恋人”という言葉に託されているのではないかという気がしてきた。


自らを拘束するものから逃れようするかのように、家出をしようとしていた少女 。
「家出」を一つの象徴と読めば、彼女がひたすら待ち続けていた恋人とは、創作への渇望だったと読むこともできよう。
すでに多感で傷つきやすい詩人の魂を持っていた十代の永瀬は、恋人を待つように、言葉の「出現」を待ち焦がれていた少女であった。
人生の大半を岡山で過ごし、結婚、出産を経験した生活者であった永瀬が、苦しみながらも果敢に挑んだのは「言葉によって自身を解放・表現すること」ではなかったか。


そして、今や晩年を迎えようとしているかつての少女は、初恋の人に呼び掛けるように言葉を紡ぐ。
もしかしたらそれと知らぬ間に、自分を通り過ぎて行ったかもしれない”恋人”への想いは、時を経てなお、熱く胸を焦がし、到達し得ない高みを希求している。
赤むけの魂そのままの涙を、はらはらと静かに滴らせながら、詩人を諦念へと導いたものは、言葉ではなく不可逆的な時の流れだったのかもしれない。




今朝も林の向こうから、繰り返し郭公の鳴く声が響いてくる。
山鳩と同じようによく響く低い声は、遠い日の木霊のようだ。



あの時の自分はもういない。。

私自身、もう若いとは言えない年齢になった今、何も難しい言葉は使われていない、素直で抒情的なこの詩を読むたび、意に適っても適わなくても、ひたすら誠実に歩んできた永瀬清子という女性の真実に打たれて、ただ泣いてしまう。







             女はいつも家かげにいて
             心出し切れずに泣いていた
             いま波を泳ぎ切ろうとするのは
             自分の眼で真実を見ようと願うため
             圧えているのは何かを知ろうと望むため
             広い世界の方へ
             いま自分の胸の鱗光らせて
             涙わすれて泳ぎすすむよ
             垂れこめた雨雲ふかく一心に泳ぎすすむよ



                    「雨雲ふかく」 抜粋   「あけがたにくる人よ」 より  







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます 。
→ログインへ
気持玉数 : 2

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用)

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>心の奥深い場所で張り詰めていた想いを、潔い諦念とともに解き放とうとする意志
作品に沈潜したaostaさんの詩の読み解き、深いです。
時の不可逆性が諦念をもたらしたように、また他にも、必ずもたらしてくれるものがあるだろうと、むしろ、時の不可逆性に今明るみをも見出せました。
それにしても、真実に打たれて涙するaostaさん、一方、滅多なことでは涙しなくなっている、もしかすればどこかに壊疽ができているのではないかとさえ思われてしまうこの自分の冷静さ愚鈍さはいったい何なのだろうと思います。ものに感じるうちは若さがあるということでしょう。私に詩が出てこないのは、感性がもしかすると自覚する以上に老いてしまったのかなと思ってしまいました。
山鳩の泣き声、森閑とした林に響いているのを聞いた子どもの頃、今も聴くことがあるのですが、子どものころに聴いた響きが無性に懐かしく思われます。
ぶんな
2013/14 21:47
◇ぶんなさん

おはようございます。

時の不可逆性・・・
最近しみじみと感じることであります。それは時に残酷であり、時に優しく、ある時には敵であり、またある時には味方でもある。すべての事象に明と暗があるように時間の流れもまた複数の表情を持っている。ぶんなさんが仰られる、不可逆であるが故の「明るみ」も確かなものと思われます。

平易な言葉と描写、素直に読んでも深読みしても心打たれる詩です。
「あけがた」と言う時間はわたしにとっても特別な時間です。夢とも現実ともつかない、一種波のような時間のあわい。そのあわいで生まれ、そこからから訪れるものたちは、朧でつかみどころない不可思議なものたちでもありますが、同時にどうしようもなく懐かしい。永瀬清子の待ち人は、あけがたからやって来なければならない。それは必然だという気がしています。黄昏でもない、真昼でははないのです(笑)。

>感性がもしかすると自覚する以上に老いてしまった

これは往々にして私も感じるところです。
指先で触れると、すぐに反応して葉を閉じるオジギ草のしなやかさを思います。若かったころに比べると涙する対象が微妙に違ってきていることも事実です。
泣けることが感性のすべてではないでしょうが、心の在り様は本当に不思議ですね。
直送・代引不可 (業務用20セット) プラス いつものラベル 20面 100枚 ME-508T 別商品の同時注文不可aosta
2013/15 06:15
はじめまして

なつかしい詩集です。
昔 この詩集によっていろいろと助けられた記憶が立ち返ってきますが

不意にまた いまも。

ありがとうございました。
しっぽ
2013/18 08:38
◇しっぽさん

こちらこそ、はじめまして。
ようこそおいで下さいました。
私が永瀬清子という詩人の名前を知ったのは、6年ほど前なので、しっぽさんの方がお詳しいかもしれませんね。ここのところガーデン・ブログが続き、久しぶりにエッセイ風に文章を書いたせいでしょうか、肩に力が入りすぎて^^;
お恥ずかしい限りです。

またどうぞお立ち寄りいただき、いろいろなお話が出来ますならば、何より嬉しく思います。どうぞ、よろしくお願い致します。。。
aosta
2013/18 21:44
「あけがたにくる人よ」 永瀬清子 消えがてのうた part 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ: 大  中  小  閉じる
{yahoojp}xt01-myp07-gui-4003