、アドレスの関連付けを選択します。

アドレスの関連付けの画面が開くので、[インスタンス]をクリックすると、現在稼働しているインスタンスが表示され、
関連付けるインスタンスを選択すると、プライベートIPアドレスも自動で変更されます。
そのまま[関連付ける]をクリックします。
※警告に書いてあるのは、インスタンス作成時に自動的に割り当てられたパブリックIPアドレスが利用できなくなるという事です。

関連付けが完了しました。

インスタンスを見てみると、パブリックIPがElastic IPの値に書き換わっているのが確認できます。

SSH等の接続先IPアドレスも、今回書き換えたIPアドレスに変更になっているので、そちらに書き換えてください。
この場合、初回接続時に再度fingerprintの確認が出る事があるますので、そちらも許可してください。

 - AWS